福岡大学附属若葉高等学校 若葉会

新着情報

同窓会会長挨拶

新会長挨拶

福岡大学附属若葉高等学校「若葉会」
会長 橋下京子

 寒冷の候、会員の皆様にはご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 日頃から母校と同窓会活動にご支援とご協力を賜り、たくさんの関心をお寄せただいておりますことに感謝申し上げます。
 さて、私は、平成25年6月2日に行われました若葉会総会において選出され、ご承認いただき会長職を務めさせていただくことになりました。高校20回卒業の橋下京子でございます。遅ればせながらご挨拶申し上げます。
 百有余年の長い歴史と伝統をもつこの若葉会の舵取りを任され、身の引きしまる思いです。還暦を少し過ぎておりますが、諸先輩方から見れば若輩者。会長職が果たせるのかと不安を感じておいでのことと思いますが、誠心誠意努力してまいる覚悟でございますので、宜しくご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。
 前会長をはじめ前役員の方々からの引き継ぎを受けましてから半年余り、福岡大学の附属高校となった若葉高校の同窓会としての「若葉会」の姿が見えてきたように思います。
 それを踏まえて、今後どのように進めていくべきかを、諸先輩方の英知をお借りすると同時に年若い同窓生の希望も織り交ぜながら考えていきたいと思います。
 まずは「親しみやすく身近に感じられる同窓会」をモットーに取り組みたいと思います。古き良き時代の先輩方も新しく生まれ変わった福岡大学附属若葉高等学校の卒業生達も、共に「強く・正しく・優しく」の精神の下で育った者同士、一緒に親しく語り合い、絆を深め歴史と伝統をもつこの若葉会を、更に誇り高き同窓会にしていきたいと考えています。
 経済的には決して余裕のある状況ではなく、経費削減も考えなければなりません。出来るだけ無駄を省いて母校に貢献できる活動を地道にしていきたいと思っています。
 新役員の半分が新任で、不慣れな者ばかりです。皆さまにご満足いただける活動がどこまで出来るかわかりませんが、役員一同力を合わせ、新たな視点と感覚で努力する所存です。
 微力ではございますが、歴史ある同窓会の会員相互の絆を深め、今後の若葉の後輩たちに受け継がれていくことを祈念し、最善を尽くしたいと思います。どうぞ皆様のご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。